最近はスマホで簡単に副業ができるチャットレディーが人気を呼んでいます。女性ならば誰でもできる仕事なので、口コミでも「簡単に稼げた」「簡単に仕事ができて嬉しい」などという意見が寄せられています。

ライブチャットには男女双方にブロック機能があり、男性とのやりとりがうまくいかなくなったらその男性をブロックすることもあるでしょう。逆に、男性からブロックされてしまうこともあります。ここでは、男性からブロックされる理由をいくつか紹介します。

何といっても条件に当てはまらない場合、ブロックされてしまうことがあります。例えば男性が30代で、40代の女性を求めているとしましょう。そうすると足跡をつけてきた40代以外の女性をブロックしてしまうなどということもあります。自分の条件に当てはまらないため、さっさとブロックしてしまうのです。確かに「失礼な」と思わなくもないですが、もしも条件に当てはまらないことからブロックされてしまったら、「下手に関わらなくてよかった」と思って良いでしょう。

男性からLINE等のIDを聞かれたり、会えないかどうか聞かれたりして断った場合にブロックされてしまうこともあります。これも、男性にしてみれば条件に合わないからと言えるでしょう。二度と関わることがないように、そして男性も「君が自分の要望に応えてくれなくて自分は傷ついた」という怒りを表すためにブロックすることがあります。しかし、ライブチャットはLINEなどの個人情報の交換を禁止していますので、応じることができません。断ったからといってブロックされてしまったら、これも「厄介なトラブルに巻き込まれなくて済んだ」と前向きに捉えましょう。

男性と口論になってしまってブロックされてしまうこともあります。いくら気を遣って男性とやりとりをしたとしても、お互い人間ですから合う合わないがあります。どれだけ誠心誠意対応したとしても、どちらかが面白くないと感じたり、不愉快だと思われてしまったりすれば、ブロックされてしまうこともあるでしょう。

これまできちんと人間関係が築けていれば話し合うこともできますが、もしかしたらいきなりブロックされてしまうこともあるかもしれません。話し合おうと思っていた相手からブロックされてしまったらショックですが、少なくとも相手には話し合うつもりはないのだと割り切って良いのではないでしょうか。
ブロックされてしまったらなすすべはありません。その人と連絡を取る事はできませんので、仮にショックを受けたとしても前に進むことが大切です。